素材やデザインの質を考えれば名刺作成は専門業者に任せるのが吉

サイトマップ

革の名刺入れ

ユニークな名刺なら顔を覚えてもらいやすい

名刺交換

社会人になったらほとんどの人がお世話になるであろう名刺。会社から支給してもらえるという人も多いでしょうが、そういう場合は大抵会社のロゴを入れた白地の紙が作られていると思います。確かにその方が大量生産には向いていますが、ちょっとインパクトに欠けますよね。
そんな時は自分でネットの注文業者に頼み、オリジナリティあふれる名刺を作ってみてはいかがでしょうか。今のネット業者はとても洗練されており、二つ折りや三つ折りの名刺だったり、おしゃれなレザー加工を施したりなど、料金次第でいろいろなデザインの名刺を作ることができます。お値段はもちろん割り増しにはなりますが、ビジネスにおいてはとにかく顔を覚えてもらうことが重要です。
魅力的な話術の持ち主ならともかく、そこまでの凄いスキルはないという場合は、変わった名刺を持っておけば、あとで思い出すときに「ああ、あの名刺を持っていた人」というように、記憶がつながりやすくなります。人間は文字情報と顔を関連付けて覚えるのは実は苦手な生き物なのですが、それならそれ以外の要素、イラスト入りやデザイン性の高い名刺を渡しておけば、印象も強くなるでしょう。早いところならかなりのスピード納品にも対応してくれるので、興味のある方は一度試してみてください。

Notice